スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本食品会社の展示会 

20090329154735
今日はキャンギャルしてきたよ!
食品会社が前半期発売の新商品からおなじみの看板商品を展示してお披露目して同業者と交流する会で、KEYコーヒーのスタッフとしてコーヒーいれて配るだけというめちゃイージーなお仕事をしてきた。 明日発売のお菓子やジュースやふりかけや。いっぱいあったのです。


商工ホールでスーツの男性(大好物)に囲まれて、のんびりコーヒーを配って、お弁当もらって、試食しまくって幸せだった

それだけじゃなくて。
展示会が終わったら、展示品をもらえるもらえる~で写真の量に…(笑)しばらく食べ物には困らないね!みんな食べにおいで


欲しかったヨーグルトやら黒酢(笑)やら納豆やらポッキンジュースやら、いっぱいもらって、もうバイト代いりませんってくらい幸せ


花見にいくぞ!
スポンサーサイト

断る力 

勝間和代さんの「断る力」を読みました。
わたしは結構自己主張できる人と評されるけど、かなり誤解されてる。言いたいこともいえず気持ちの落ち着かない思いをいやというほど味わっているから。

顔色ばかりみる自分を変えたいと思いこの本を読んだんだけど、稀に見る良作でした。勝間さんの実例がかかれていて実践にうつしやすいなと思います。
また、こんなに優秀で成功している人でさえ、わたしと同じように苦しむんだとハッと気付かされました。大人や、強い人は傷付かないとぼんやり思っていたように思う。

親を愛せない人は最低人間。なんてよく言うのに、みなが親を愛せるわけではないとあって、心の荷がおりた気分です。まさか「断る力」でこのわだかまりに光が差すとは思ってもみませんでした。
読書はためになるっていうけど、初めてその意味を実感する本でした。ハタチで出会えてほんとうに良かったと思います。

なんとなく親に支配されている感覚で、わたしの人生は父が望むとおりに行かねばならないし、いくのだと思ってた。でも彼は結局わたしの人生が幸福であっても不幸であっても責任をとるわけではなく、わたしの人生はわたしのものなんだと分かった。当たり前のことなのに今まで気付かなかったことが、この本には書いてあった。また日をおいて読み返したいとおもっています。

妹と漢字の不思議な関係 

20090327201247
20090327201245
20090327201243
またやってくれたよ!

マリオ 6 4 再び 

ニコニコでマリオのプレイ動画みつけました。

なにこの裏ワザ!とか、なにこのバグ!とか、なにこのテクニック!みたいな連続で…

わたしは二階へ駈け登り、物置をひっくり返す勢いで(うちは物が多すぎるので家全体的に物置(笑) 荒探ししまくり、ようやく発見★


カセット(!)をガンガンやったりフーフーしたりして久しぶりにマリオ画面。マンマミーヤ!

そこそこ残っている記憶を頼りにプレイしてみる。懐かしい!スライダーとか隠し面とか。結構おぼえてるもんだね!


でもヘボイテクニックなおかげで、マリオは投身自殺を繰り返し、何度も何度もコンティニューをくりかえす。

親指がいたくなってきたから中断してたら妹がピカチュウげんきでちゅ?をはじめた。


その後弟が卒業式だったので、焼肉につれていった。しかし我が家はただいま腹の調子をくずすというバイオハザード発生中。なんだか微妙に腹痛を覚えながらも肉を食すきょうだい3人。
翌朝わたしはもたれたままのお腹でバイトへでかけました。Mr MAX久留米インター店にいるよ!

映画鑑賞記 

●幸せのちから
ウィルスミス。親子共演なのかな。男の子がすごくかわいい。ホームレスみたいな感じなのに、全然パパを恨んだりしない。子どもってかわいいなって思わせる少年。
なにもうまくいかないときってあるんだよね。お金もなくなって、奥さんにも逃げられて、家も追い出される。でもユーモアと幸せを求める心でなんとか乗り切っていく。ユーモアって大切。あと彼は人当たりがいい。男女の人当たりって種類が違うって思ってたけど、彼の演技には人間としてのあたたかみがあるように感じた。

●ギリーは首ったけ
女優が好みじゃなかった。

さよならふじ 

20090311172602
昨日ずっと飼ってたワンコが息をひきとった。わたしが8才のときにやってきて、一緒に育ったふじ。15年目の誕生日をむかえずに庭にある梅のしたでひっそり死んでらしい。わたしが帰宅したときには埋葬も終わっていて、ママが玄関で「悲しいお知らせがあります。ふじ死んだよ」って悲壮感なく告げた。訃報ならもっと悲しそうな声で…と思ったけど、よぼよぼのふじがやっと楽になれたことが少しうれしかったのかもしれない。
もっと優しくしてあげれば良かったとか、もっと一緒におさんぽいけばとか、もっと遊んであげれば…とか。後悔ばっかり。ちっちゃいころは毎日遊んでたのに。


小学生のころ、ふじが脱走したことがあった。わたしは学校にいってたんだけど、ババが扉をあけたらふじはまっさきに門を駆け抜けて消えたの。探してみたら、彼はわたしといつも遊びにいく公園にいて。多分わたしを探してたんだろうな。思い出すたびに胸を熱いものがみたす。
やんちゃな子だったから、結構厳しくしつけた。悪いことしたら紐でおしりをたたいたり、引っ張ったらいたい首輪をつけたり、ひどいことしたと思う。でも子どもだったわたしはそんなこと考えなかった(人の痛みに鈍感な子どもだった)し、父や祖父がそういうふうにしていたから、あまり疑問におもわなかった。痛い思いさせたのに、ずっとわたしのこと大好きでいてくれたから、わたしやっと愛情もつって意味が分かってきた。
耳を撫でられるのが好きで、でも尻尾はわたしにしか触らせなかった。ふわふわの狐みたいな毛も、最後のほうはどんどん抜けていって、地肌がところどころみえてきた。ゴワゴワの毛に見えない右目。耳ももう聞こえなかった。老いるってこういうことなんだとぼんやり感じた。
ふじは中型の柴雑種で、だいたい10年~13年くらい生きる種。でもふじは15年もいきた。多分ふじがいなかったらわたしは自殺とかしてたと思う。ここ2 3年はふじがいつまでもつかってドキドキしてたけど、わたしが成人するまで生きててくれたのは、きっとわたしのこと心配してたから頑張ってくれたんじゃないかなって思う。
多分、唯一愛した子。ずっと一緒にいると思ってたのに。命って永遠じゃないんだな。
ふじは幸せだったのか、わからない。どうだったろう。多分一生考えると思う。ふじに注げなかった愛や、教えてもらった愛情を、わすれない。あいしてる。


人生初 大切な友だちとの別れ

初授業 

今日から公務員専門学校がスタート!入学前授業らしい。だいぶ忘れてて、取り戻すのに時間かかりそう。

やっぱ初日はスーツだろ!って行ってみれば誰もスーツいない…年上ってのもあって目立ち気味でした。明日からはラフにまいりますわ!

男子20女子6という男女比が今までと真逆なクラス。…慣れない…高校も女子が多かったし、IAAはほぼ女子校だしで、なんか違和感だなー早くなれなきゃ。

チャラ男かオタクしかいねぇ

もう考えたくない 

でも考える。わたしの脳みそ考えるの大好き。趣味みたいな…
最近荒れてるけど、こんな記事裏ブログ(表はミクシ)にしかかけない。
戦う時期なんだよね。自分の問題をようやく意識できるようになってきたのだと信じる。断じて鬱ではない。鬱は一度やったが、これは別物。

続きを読む

映画鑑賞記 

●ミッション インポッシブル3
こないだロードショウでやってたので見てみました。1と2はまだ見ていません。
トムクルーズの肉体美!彼には興味なかったんだけど、やっぱりいい男なんだなと思ったわ。
変装マスクをつくるところがすごいなと感心。プリンタ技術!職人いらず。将来実現されないかしら…楽しそう。
途中パーティで女優さんがドレスアップする。イタリア女性を装って警備を通過し、ターゲットには中国人に扮して近付く。美女に国籍なし(外見的な意味で)?美しければ何人にも見えるのか…叶姉が「わたくしをフレンチとイタリアンのハーフ?」という方もおります、とおっしゃっていたことを思い出しました。
あれ、ストーリー関係な…アクションがかっこよかった。危険な職業の人と付き合うとろくな目にあわない。

●MEDIUM シリーズ
夢で死者のメッセージを受け取る。霊能者のアリソンは地方検事局でパートする主婦。アメリカンドラマ。メキシコとの国境アリゾナ州フェニックス。メキシコ近いだけあって(?)犯罪率が高すぎる。アリソンもコナン君レベルの頻度で事件に巻き込まれます。
こんな夢みるなんて安眠妨害もいいとこ。死者の死の瞬間、つまり殺される場面をあたかも自分が体験しているかのように夢でみる。で、とびおきる。
ストーリーはほとんど一話完結型。主人公が中年女性ってのも珍しいよね。
アリソン一家を見るのがとても楽しい。優し~い旦那ジョー、娘アリエル ブリジット マリー…二女ブリジットがね、かわいいの。で、シーズン重ねるごとに太っていく。我が家じゃ妹をブリジットと呼んでます。言動が!そっくり!(笑)
暇つぶしにもってこい。ただいまシーズン3まで。

●アグリー ベティ
これもドラマ。アメリカのファッション雑誌モードの編集長アシスタントのベティ。彼女はぶちゃいくでぽっちゃりでダサダサ。スタイリッシュな同僚に嫌味をいわれても、いじわるされてもくじけない!
ストーリー展開も飽きさせない。ベティの家族も面白いし、編集長も、彼の一家も色んな秘密を抱えている。兄貴が姉貴になっちゃったり、同僚はゲイだったり、親父はこりずに浮気したり逮捕されたり。
元気がでるドラマ。
多分シーズン2もある。地上波でやってるよ!

確執 

今日もセラピーへ行ってきた。自分の秘密(心のわだかまり)を他人に話すのは疲れる。脳がつかれるし、ドカ食いしてしまう。取りあえずは今日までで、しばらくは行かない。学校はじまるし。
続きを読む

妹と漢字の絶妙な関係 

20090304184151
20090304184149
20090304184146
はい。久しぶりに妹を晒しますよ!姉と妹の勉強記録。


規則
歓迎遠足
時限爆弾

ですね。

期束
観現遠足
地現●団

………あれ…?


彼女、もうすぐ6年生。
また笑わしてくれることでしょう。

映画鑑賞記 

●NEXT
ニコラスケイジ先生のための映画。攻撃をよけまくる彼のかっこよさはオヤジスキーにはたまりません。
設定を上手く活かしたつくりになってると思った…が、夢落ち!?
彼らしいコミカルさとあいまって、見ていて気持ちいい映画でした。ラストは納得いかないけど。ニコラスケイジっていったらトレジャーハンターが好き。
見どころはヒロインを口説くときのパターンかな。振られすぎ!

●メリーに首ったけ ラブコメ theres something about mary
キャメロンディアスがかわいい!そりゃあ男が夢中になるよ。くるくる変わる表情に、活動的で健康美あふれるボディ。さらにユーモラス。極め付けは男を顔(や金)で選ばない。聡明な整形外科医。あまりにもいい女すぎると勘違いした男にストーカーされちゃうのね。
モテを本気で考えるようになったら、この首ったけシリーズを見るといいと思う。こういう可愛さは世界共通みたい!

●オフサイドガール
サッカーが大好き!でもスタジアムは男しか入れない。でも大好き!じゃあ男装しちゃえ。
そんな国がまだあるんだなと考えさせられます。イスラムは男尊女卑がすごいのね。スタジアムにはいっちゃいけない理由は、男は興奮すると汚い言葉を吐くから、だって。女がスタジアムのトイレをつかうのに、下品な落書きをみないように目隠ししろとか、顔をかくせとか。
日本人はほんと大人しい民族だなと感じる。

●俺たちプロボウラー コメディー
俺たちアイススケーターのボーリングバージョン。スケートのほうが面白かった。主役の子たちが品のない感じで(わざとだろうけど)、DQN嫌いだからか拒否反応が…
自称俳優の青年がバイトを首になり、プロボウラーになった。国民的人気を得た彼は調子にのって、友だちと恋人を失う。ラストはハッピーに。
コメディーをみるときは特に、英語字幕でみると楽しいよ。語呂あわせしてたり、韻をふんでたりするのがわかる。

●バッドサンタ コメディー
これはNZの思い出…ニックと一緒にみた。ツタヤで発見したから借りてみたけど、やっぱり最高。
デパートでサンタとしてイベントで働くオッサン。実はデパート強盗で、クリスマスの売上を全部かっさらう最低人間。酒 煙草 女はもちろんのこと、モラルハザード。ニックは小さい頃これを見て見たかったんだって。でもママが許してくれなかった。…そりゃこんなの子供にゃみせたくないわ(笑)
ちょっと頭の弱いいじめられっ子と最低サンタの心温まるおはなし。マーマン(少年)の無垢さ(バカさ、アホさ)にサンタが少し大人になる。ファックっていいすぎ。個人的R指定。笑いたいとき、スカッとしたいとき、ダメな大人にならないと誓ったとき…取りあえず子供がいないならたのしめます。

まんぴーと合成 

今日はまんぴー宅にお邪魔して、おえかきソフトで遊んできました。
始めは操作方法をいろいろためしていただけでしたが、そのうち写真加工に手をだし…
あとはみなさんの予想通り、合成に専念したした。
和服美人のまんぴー(成人式ver.)のオメメは緑になり、髪はアホ毛知らずのキュルキュルに、彫りも3割増しにして上海ハニーのできあがり(笑)無国籍風。
saiってすごいソフトだなと感心しつつ、ふたりで爆笑。
おえかきの才能はまったくないわたしですが、こういうお化粧みたいなのは結構うまいんじゃん?と自己満。


今夜は写真加工に精をだします!


しかしわたしたち…高校嫌いだよね(笑)送ってくださって感謝感謝ですわ☆

今度はジョーさんにおえかき実演してほしいっす。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 すいかの種はどこへいった all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。