スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先が見えないなら 

つい先ほどまで、スミレちゃんとおしゃべりしてました。カフェ→トイレの化粧室という素敵なコースです。化粧室はまこと 快適でした。

先が見えるって書いたけど、これは本当。自覚したので分析してみたところ、これは予見や予知というより、分析に近いということです。ある事情に行き合ったときに、脳が意思とは無関係に働いて、それがイメージとして浮かび上がるんだと思いました。経験が増えるほど鮮明に見えだしたのは、そういう理由だと思う。引き出しが増えたのよネ。

祖母や叔母の勘の鋭さと無関係とは言い切れないけど。

生き辛いといえば、生き辛いのかも知れない。先が予測できちゃう(と思い込んでいる)から、例えば恋人との未来に希望が持てない。付き合った人たちのこと、やっぱり好きだったけど、わたしの目には終わりが見えていたから、それ以上踏み込む気になれなかった。もしかしたら、違う結末や、続きがあったのかもしれないけど、そのときのわたしには未来を描く力がなかったのよネ。申し訳ないことをたくさんしたなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kingyotonaco.blog51.fc2.com/tb.php/135-ccf387c2

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 すいかの種はどこへいった all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。