スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the before to decide 

Its okay.and its very important things for our lifes.
決定前の一呼吸。これ重要。

最近たるんでた。ちょっと前は、自分はプリンセスじゃないけど、品格だけはそれに負けないように、いつも姿勢を正していた。でもここのところ、怠けてて、どうせなれっこないわ、って自分に対して不誠実だった。反省しなきゃ。
心の余裕はお金の余裕だってずっと考えてきたけど、違うのかもとふと浮かんだ。心の余裕は器。器はお金じゃ買えないから。
うちの祖父母はお金持ち。でも、成金って言葉が似合ってる。それは器しいていえば品格が、残念なことにもっているものに対してつりあっていないってこと。ケチが悪いんじゃない。ケチな人は、物の価値とお金の価値をよく理解しているんだと最近はっと気付いた。でもじいは成金。これは悪い意味で使ってるのよ。
わたしは生まれは貴族じゃないけれど、品格は恥のないよう保ち、高めていくことに決めた。

いくら性能がよくても、ダサイ車は買わない。選ばない。そもそも目に入らない。
いままで、人に嫌われないように、認められるように生きてきたけど、これからは、人に自信をプレゼントできる人間になる。
意思表明!

人生に対する答えは、宗教に用意されてるけど、そこにわたしの求めるものはないと思った。
でも、信じるものは救われる。これは本当だと思う。
モナコが近づいているから。笑
そうそう。恋について。谷川先生(詩人のあの)がおっしゃっていた言葉に感銘を受けた。
泣きまねのことについてだったんだけど、わたしは恋のことにそう思った。

恋するっていう言葉と、恋するっていう現実の行為との間の乖離を潔癖に考えすぎている。

もちろん原文じゃないですよ。
恋に恋してるのは、現実の人間を受け入れられるほど自分が成熟してない証なんだと思った。本当に好きになったら、その人のきれいなところも汚いところも受け入れて肯定できるとおもう。
わたしはまだ、人間の汚い部分、たとえば精神であったり、肉体であったりを受け入れられない。自分の汚いところもイヤだし、他人のなんてもっといやだ。電車でクサイ人がとなりに来たら、死にたくなる。

谷川さんの本をよんで、
まだこどもなんだなと、上手に肯定できた気がする。
自分の子どもっぽさを受け入れること。これも難しいよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kingyotonaco.blog51.fc2.com/tb.php/82-7f691865

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 すいかの種はどこへいった all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。